MENU

若い時から髪が多くて悩んだことはあったも抜け毛で悩むことになるなんて考えられなかったです。現在は64才の専業主婦ですが、抜け毛が気になってきたのはパートの仕事をしていた50才になったころでした。

 

50才はいろんな面で変化がある年齢なので、最初はあまり大変なことになった感じはなかったように思います。当時は2日に1回の割合で洗髪をしていたのですが、毎回多くの抜け毛を目にするようになると、だんだん心配になっていきました。

 

これはどうにかしていかないといけないと思い、雑誌などを読んで抜け毛対策を始めることにしたのです。オイルで髪のマッサージをすることを勧めていたので、ホホバオイルを使うことにしました。週に1回ぐらいホホバオイルでマッサージをしてから洗髪をするようにしたのです。

 

マッサージをするよになってから、少しずつ洗髪時の抜け毛が少なくなってきたようです。だけど食事や生活面からももう少し頑張ってみようと思うようになってきたのです。

 

姉から、ビタミンCとEを取ることをすすめられたので、サプリメントを飲むようになりました。それと、黒ゴマや海藻も毎日食べるように心がけていくようになり、食生活の改善を努めるようにもしたのです。

 

食事のバランスを考えて、緑黄色野菜、卵や肉、魚のタンパク質、海藻、黒ゴマをほとんど毎日とるようにしていくと肌の艶やはりがよくなってくるのを感じてきたのです。前に頭皮も肌の一部と聞いたことがあるので、これは抜け毛にもいいことだと思うようになりました。

 

50才は更年期の年齢でもありましたので、気持ち的に沈んでいくこともいけないと思ってウオーキングも始めていくことにしました。抜け毛には年齢的なものはもちろんですが、ストレスもよくないと感じていたこともあります。

 

バランスのとれた食事と体を動かすエクササイズを取り入れた生活習慣を続けていくようになってから、だいたい1年ぐらい経った頃に洗髪時の抜け毛がほとんど気にならなくなっていたのです。

 

髪を洗えば少し髪の毛は抜けるのですが、最初に感じた驚くような抜け毛はなくなっていたのです。生活改善をしてから1年ぐらいで抜け毛も減って髪の毛の艶もでてきたこともあり、食生活と運動を取り入れたことは髪によかったなあと思うようになってました。

 

抜け毛が改善したと思えるようになってきたのは52才の誕生日ぐらいだったように記憶してます。すごい抜け毛になってから髪の毛をいたわる生活習慣に切り替えたことで抜け毛改善につながったと思ってます。